サークル紹介

東北大学リコーダーアンサンブルとは

東北大学リコーダーアンサンブルは、東北大を中心とする、学生からなるサークルです。1977年に創立されてから30年以上の歴史をもち、今日では30人ほどの部員がいます(2016年4月現在)。年に一度の定期コンサートを活動の中心として、普段は数人ずつ部室に集まり、談笑やアンサンブルを楽しんで親睦を深めています。

部室にはたくさんのサークル所有の木管楽器があり、その種類も豊富です。また、楽譜の在庫も非常に多く、500曲以上にのぼります。その中には、購入したものはもちろん、部員の手で編曲されてきたものも多く、先輩たちから代々受け継がれてきています。

活動時間は人によりますが、週1~2回程度練習をしています。1年間で一番忙しいのはコンサート前の9~11月ですが、自分のスケジュールに合わせて週1回から毎日まで、忙しさを調整できるのもこのサークルの魅力です。それ以外の季節でも、好きなときに自由にアンサンブルを楽しんでおり、中にはほぼ毎日練習している部員もいます。

1年間の主なイベントについては、活動紹介をご覧下さい。

部員構成

2016年4月現在、33名の部員が在籍しています。

※M:大学院修士課程 D:大学院博士課程

また、在籍部員の他、数人の卒業生も活動しています。

実際にどんな部員がいるのかは部員紹介のページをご覧下さい。

活動場所

東北大学川内キャンパスの川内サークル棟の111号室に部室を持ち、そこで活動しています。サークル棟の場所および部室の場所は以下の地図をご参照ください。川内キャンパスの場所については、東北大学が公開しているアクセス方法をご覧下さい。